タバコを禁煙する場合、一昔前ではニコチンが体内から抜けるまで精神との戦いでした。飴やガムを食べてタバコから気をそらすしかありませんでした。一部の人しか禁煙は成功しませんでした。しかし、現在では色々な禁煙方法が出てきています。その中でもお勧めなのが電子タバコです。禁煙パッチもとても優秀でオススメなのですが、費用が結構かかります。電子タバコはとても安価で、使い方によりますが、一ヶ月の維持費は3000円ほどです。吸い心地は最初こそ少し違和感がありますが、慣れるとタバコと遜色はないです。その為、簡単にタバコから電子のタバコに移行することができます。経験上、使用期間はニコチンが体内から抜けるまでで良いです。ニコチンが体内から消える期間は3週間程と言われていますので、1ヶ月を目安に使用するのが良いです。その後は、電子タバコをやめても問題はありません。

電子タバコで禁煙に挑戦する

禁煙に挑戦して見事禁煙を成し遂げた知人がいます。タバコには依存性があり、やめたくてもやめられない人も多いです。加えてタバコを吸う事がストレスの解消法として無くてはならない事になっている人も多いです。街で喫煙スペースのあるカフェでお茶をする人たちは、もうお茶を飲む時間を楽しむというより、タバコの吸える空間を求めているように見えます。タバコはとてもお金のかかる気晴らしでもあります。タバコがやめられなくて、でもストレスが溜まっており一か月のお小遣いの多くのお金がタバコ代に消えて行くなら、自分の趣味を楽しんだり勉強のために使えるお金は少なくなって行きます。禁煙のためのアイテムにはいろいろなものがありますが電子タバコもその一つです。煙の量も多くタバコを吸う感覚に近い感覚を味わえます。こういうアイテムでぜひ禁煙に成功して下さい。

電子タバコを使用するメリットについて

電子タバコとは、その名の通り専用の粉末などを、電熱線で加熱して、タバコの風味を味わう、というものです。一昔前までは、タバコも大人の嗜みの一つである、という風習がありましたが、今では社会全体で禁煙活動や、分煙などが行われつつあります。タバコには副流煙があり、吸っている人だけでなく、周りの人にも害を与えてしまう危険があります。それが社会的に分煙や、禁煙が広まった要因といえるでしょう。一方電子タバコは、タールなどの有害物質をほとんど含んでいません。水タバコなどは、周囲の人への副流煙がほとんど無い、というものでしたが、電子タバコの場合、自分への害もかなり減少します。禁煙を始めようとしているものの、どうしても口が寂しくなり、なかなかやめることが出来ていない、という人は、是非一度試してみるべきかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です